山田ふぁーむ・品種紹介

青天の霹靂


・2015年度デビューの青森県初特A米!

 2017年度より、青森県からロゴマーク使用許可をいただき、販売可能になりました。

 ●減化学肥料(田植え時1回のみ)
 ●減農薬(除草:慣行農法の1/2以下)

「青天の霹靂は」粒がやや大きめのしっかりしたお米です。ほどよいツヤと、やわらかな白さ、炊き上がりからしばらく保温していても、つぶれることのない適度のなかたさがあります。食べごたえがあって、しかも、重すぎない、粘りとキレのバランスがいい、上品な甘みの残る味わいです。食材豊かな青森で誕生した「青天の霹靂」は海のもの、山のもの、里のもの、どんな食材とも相性がよく、おかずを選ばない頼もしさがあります。旬の焼き魚、新鮮な魚介類、季節の野菜、肉、合わせる料理を考えるだけできっと楽しくなります。ごはんのおいしさ、楽しさを実感していただけるお米です。

                           青天の霹靂 ホームページより

 

 

青天の霹靂ホームページより



特別栽培米あきたこまち


 

●減化学肥料(田植え時1回のみ)
●減農薬(除草:慣行農法の1/2以下)
コシヒカリ系統のお米です。味も良く高品質の品種なのに価格が安いことが多く、お得感が高いお米です。コシヒカリと奥羽292号を親にもち、旨みのしっかりしたお米ですが、粘りや弾力はコシヒカリほど強くないので、あっさりと食べられるのが特徴です。
平成27年度産さつき米あきたこまちは、食味値92点を獲得しています。

 

 



特別栽培米コシヒカリ


●無化学肥料
●減農薬(除草:慣行農法の1/2以下)      
今や人気・生産量ともに日本一である品種コシヒカリ。食味のバランスが整っているおいしいお米であることから非常に人気があり、日本全国の1/3以上がコシヒカリを生産しています。青森では気候条件的に栽培は無理とされてきましたが、近年の温暖化を見込んで5年前からチャレンジ、まんまと栽培に成功し、魚沼産にも負けないお米ができました。
さつき米コシヒカリは、

第15回米・食味分析鑑定コンクールで、初出品で特別優秀賞を受賞しました。

 



ヒメノモチ


●減化学肥料(田植え時1回のみ)
●減農薬(除草:慣行農法の1/2以下)
ヒメノモチは、

もち米の中で最も人気がある銘柄です。
モチモチの食感で粘りがあるので、

お赤飯やおこわなどにおすすめです。

つきたての餅は伸びがよく、

食感はとてもなめらかで甘みが感じられます。

真っ白なお米が特徴で、餅をついた時には一層

その白さが引き立ちます。

 

 



紫黒米(古代米・もち米) 


●自然乾燥天日干し
●無農薬
わたしたちの祖先が食べてきた古代米と言われているお米です。 いつもの白米に少し混ぜて一緒に炊くだけでツヤツヤ・モチモチ・お赤飯のようなピンク色のごはんが炊きあがります。お弁当にした時にその美味しさが歴然とします。 香り豊かで、米本来の旨み、甘みが口の中に広がり、そのままで何杯でもおかわりできるおいしさです。自然の中で丹精込めて育てられた贅沢な紫黒米の味をぜひ知ってください。 付いている色素にはアントシアニンポリフェノールが含まれています。このアントシアニンポリフェノールは、目の疲れを緩和したり、目の健康に役立つとされています。目を酷使する現代人には必須の栄養素です。 また、強い抗酸化作用により、老化の防止や、血液をサラサラにしてくれる働きがあるとされています。アントシアニンポリフェノールは、 ビタミンCと同時に摂取すると、抗酸化作用が数倍になるらしく、毎食黒米入りご飯+果物をデザートに、という組み合わせが良いそうです。

 

 

 



カルナローリ(イタリア米)



●減化学肥料(田植え時1回のみ)
●減農薬(除草:慣行農法の1/2以下)

昔からお米の王様といわれる品種です。長い間、芯がアルデンテを保つ品種で、グルテンが少なく、粘りがでにくいので、リゾットに最適です。カルナローリ米は洗わずにお使いください。調理の際、たっぷりとスープや具のうまみを吸わせてください。

 

 

山田ふぁーむ「さつき米」のご購入はこちらから

山田ふぁーむ 〒030-0112 青森市八ツ役芦谷105 TEL/017-729-2472
FAX申し込み専用番号/017-718-4044