2020年田植え終了


◆春作業~苗箱並べまで◆


今年は雪が少なく、2週間ほど早い作業開始となりました。自家採取した種もみの選別からですが、まずは種もみの芒(のぎ)をとります。選別機にかけて芒をとります。種もみは農協からも購入しますが、山田ふぁーむでは自家採取と購入種もみと半々くらいで作っています。

一定の温度で水に数日間浸し(浸種)、そのあと、温度を上げて芽出し(催芽)します。芽出しが終わったら水から出して、脱水して冷暗所に保管。うちには蔵があるので、種まきまで蔵につるしておきます。間違えないように品種ごとに色分けしています。

苗箱に入れる土にはもみ殻燻炭を混ぜます。燻炭はもちろん自家製です。根張りのよい土づくりにはこだわります。

山田ふぁーむでは育苗ハウスと露地プール育苗をしています。除草して整地し、ビニールをかけて、育苗場所を整備します。

今年も発芽機が大活躍!種まき後にパレットに積み重ね、フォークリフトで発芽機に入れて1日半~2日間加温します。芽が出たら、育苗プールに並べます。

育苗プールに並べて待つこと3~4日、しっかり緑化すれば、かけていた白黒シートをとります。寒ければ白いシートをかけて保温しておきます。青森は寒い日もまだまだあるので、気温をみながら適切な対応を心がけています。


◆代かき~田植えまで◆


求職中の息子と親子で代かき。年々うまくなってきたので、頼もしいです。でもやっぱり早く仕事も見つけてほしいなあ。

お天気サイコーの八甲田。雪が少なかったので、水戦争が起こるかと心配でしたが、4月はしっかり雨が降ったので、もういらないってくらい水がきます。ありがたいことです。

こちらは山田ふぁーむのこだわり、ビール酵母を散布しています。知り合いのお米屋さんに、根張りがよくなると紹介された有機肥料です。

これは麦踏みの原理ですが、わざと苗を倒して、戻ろうとする力で根張りがよくなるということです。苗踏みローラーを使用しています。育苗中に2回、この作業をやっています。

苗半作という言葉がありますが、苗がうまくできれば稲作は半分終わったようなものということです。今年も素晴らしい苗ができたと思います。主いわく、今年の苗は今までいちばんいいとか、、、、収穫が楽しみです。

5月18日から田植えが始まりました。アルバイトの方も慣れてきて、最強のシフトです(笑)

主の意向で捕植はしないのですが、機械トラブル等で植えることができなかったところには、手植えをします。アルバイトの方にはこれも楽しい体験のようです。

そして初めて山田ふぁーむでお手伝いをした方には、もれなく田植え機操作体験があります。うまい人はほんとにうまくて、主もびっくりです。

そして6月9日、ラストランにて田植え終了です!その日に来ていたメンバーで、恒例の終わったー!ポーズ♪