2017米・食味分析鑑定コンクール


◆山形県真室川町◆


今年は山形県真室川町で開催されました。残念ながら入賞には手が届きませんでしたが、懇親会では米農家の熱気にまみれ、美味しいお米への想いを再確認、そして顔なじみになった方々と再会し、旧交を深めてきました。

コンクールに5回連続で入賞し、ダイヤモンド褒賞となった名人の方々のお話しも1つのお楽しみです。毎回とても勉強になります。

オープニングは真室川音頭。町をあげての歓迎ぶりがうかがえました。

今年の検体は5300超えだそうです。昨年を少し下回ったそうですが、全国的な天候不順で、収穫に至らなかったものもあったことがその要因だというお話でしたが、にしてもとても多くの検体に毎回圧倒されます。

五月は今年も審査員をさせていただきました。初めて国際・総合部門含め3部門すべての審査をしました。日本のトップクラスの美味しいお米を試食できて光栄です。でも本当に難しい審査でした。

同じ条件でお米を炊き、番号をつけて運ばれてきます。1日目は午前午後あわせて80種類のお米を食べましたが、もちろんほんの少しずつです。スタッフの方々もとても大変だったと思います。お疲れ様でした。それぞれの部門で美味しいと思ったものを数点選び、投票し、懇親会の席で結果が発表されました。来年は岐阜県高山市で開催されますので、一年後がまた楽しみです。


◆ACCI GUSTO!◆


第7回イタリア料理専門展の招待状をいただきました。まだ忙しい時期でしたが、日帰りでも行くべき展示会だと思い、主が東京浅草へ!

有名イタリアンのシェフたちが集い、デモンストレーションやセミナーを開催!そして食材、ワイン、飲料、機器などもたくさん展示されておりました。時間の都合で見られなかったものもありましたが、来年はぜひ出展させていただきたいと考えています。


◆青天の霹靂◆


販売可能になった青天の霹靂を農協から引き取ってきました。今年はほとんど出荷してしまったあとに販売OKが出ましたので、最後の1トンだけなんとか間に合いました。精米すると、30kg袋で30袋ちょっとにしかなりません。すぐになくなってしまいそうなので、食べてみたいとお考えの方はお早めにどうぞ!

検査を受けて一等米である証拠です。